HOME

News Pick Up

フライの雑誌-第109号

大特集◎カモ尻(CDC)大全

CDC来日30周年記念|知られざる真実と日米欧の最新事情、よく釣れるフライパターン

●フワフワしていてちょっと脂っぽくて、パウダーフロータントと相性がよくて、用途範囲が広い。どうしても釣れないライズにCDCを使って巻いたフライを投下して、何とかなったという経験をお持ちの方は多いだろう。

●CDCは1986年に初めてヨーロッパから日本に入ってきた。「カモのお尻の毛」という妙ちきりんな名の、誰も見たことのない羽だった。ところがこれが信じられないくらい釣れる、魔法の毛だと大騒ぎになった。

●CDCを使ったフライはヨーロッパで生まれ育ち、日本で爆発的に開花して、米国へ海を渡った。今やCDCは世界中の釣り人から頼られるマテリアルだが、日本における〝CDCビッグバン〟が現代のフライフィッシングに果たした貢献は大きい。

●CDC来日30周年を記念して、CDC新時代への扉をノックする。

シマザキフライズ with CDC 2016 島崎憲司郎

※第109号もカラー大増ページ

・・・
本体1,700円+税〈2016年8月5日発行〉
ISBN 978-4-939003-67-7

新刊&近刊情報

山と河が僕の仕事場|頼りない職業猟師+西洋毛鉤釣り職人ができるまでとこれから

山と河が僕の仕事場

山と河と人が繋がる暮らしは、
こんなにも幸せだ。

山と河が僕の仕事場
頼りない職業猟師+西洋毛鉤釣り職人が
できるまでとこれから

職業猟師+西洋毛鉤釣り職人
牧 浩之 =著

A5判 192頁(内、カラーグラビア16ページ)
本体価格1,600円+税 
ISBN 978-4-939003-64-6

川崎生まれの都会っ子が、妻の実家の宮崎県高原町へ、Iターン移住。
いつのまにか「釣りと狩りを仕事にする人」になっていた。

「猟師って、暮らせるの?」「生活できるのかよ。」
僕の両親は心配そうだった。そりゃそうだ。(本文より)

●NHK全国ネット・テレビ宮崎・宮崎放送他に登場、泣き虫のフライフィッシング猟師の書き下ろし! 美しいグラビア、かんたんで美味しい野生肉料理、役立つ山と河のコラムも満載!

バンブーロッド教書[The Cracker Barrel]

バンブーロッド教書

竹の国の釣り人たちへ。

バンブーロッドを知る。バンブーロッドで釣る。

永野竜樹 =訳 フライの雑誌社 =編

バンブーロッド教書[The Cracker Barrel]

バンブーロッドは前世紀のレガシーだなんて、とんでもない。今わたしたちが生きている21世紀初頭、世界同時にバンブーロッド革命が起こり、バンブーロッドの黄金期が訪れています。日本のバンブーロッド文化が世界をリードしている面も多々あります。

バンブーロッドの世界史、取り扱い方、メーカーの系譜、ビンテージロッドの選び方、アクションの考え方、バンブーロッド・ビルディング、世界の最新事情とマーケット、初めての一本の選び方、バンブーロッドにまつわる人間模様のストーリーまで。バンブーロッドの魅力の全てをこの一冊にまとめました。

全48本のフルカラー作例写真・解説も収録。

現代はバンブーロッドの黄金期である。

構想3年、待ちに待たれたバンブーロッド本の決定版、
いよいよ登場です。

A5判 272頁(内、カラーグラビア16ページ)
本体価格3,619円+税〈2013年12月20日発行〉
ISBN 978-4-939003-57-8

葛西善蔵と釣りがしたい
こんがらがったセカイで生きるための62の脇道

葛西善蔵と釣りがしたい

ヘンタイ釣り雑誌とその仲間たちが手招きする
こんがらがった人生のステキな脇道

釣り人なんてどうせはなから酔っぱらいである。

白昼の訪問者
た・す・け・て
メラメラしてきました
海を知らないサクラマス
いや、出目金はいちばんつよい
「編集長」とアジノモト
テンプレート青年
釣り師の脳
かくれ里
まっとうな釣りができない世界など
葛西善蔵と釣りがしたい
早熟カブトムシ
夜のお嬢さん
おいもを買う ほか

堀内正徳=著
(『フライの雑誌』編集人)

ISBN 978-4-939003-55-4
B6判 184ページ / 本体1,500円+税
2013年6月10日発行

淡水魚の放射能 川と湖の魚たちにいま何が起きているのか(水口憲哉=著)

淡水魚の放射能

書下ろし緊急出版! 類書なし

選ぶべき未来は森と川と魚たちが教えてくれる。

福島第一原発事故以前、日本では淡水魚の放射能汚染はまったく研究されていませんでした。本書の第1部では、チェルノブイリ事故をはじめ世界の核施設による、知られざる淡水魚の放射能汚染をくわしく掘り起こします。

第2部ではそれらの事例を参考に、福島第一原発の大事故により、いま日本の川と湖の魚たちに起きている放射能汚染の実態を見つめ、汚染の仕組みを考えます。そしてこれからの汚染の行方を予測します。

私たちが選ぶべき暮らしの有り様がそこに見えてきます。

セシウムの計測値は大きく三つの条件で変動する。

アユ、ワカサギ、イワナ、ヤマメ、ウグイ…、
身近な魚の放射能汚染の実態とその行方とは!?

原発事故後の日本の森と川と湖で遊ぶ方、必読の書!

水口憲哉=著

ISBN 978-4-939003-52-3
A5判 104ページ / 本体1,143円
2012年9月10日発行

文豪たちの釣旅(大岡玲著)

文豪たちの釣旅

こんな時代にゃ、釣りが必要だ。
芥川賞作家 大岡玲が案内する
日本の文豪14人が描いた釣りと旅とその作品世界

目次:
開高健   六十五センチの幻
幸田露伴   なんちゃって文豪、鱸釣りに行くの記
井伏鱒二   山椒魚の憂鬱
坂口安吾   釣師という人種
戸川幸夫   自然は平等である
岡倉天心   夢を釣る詩魂
福田蘭童   乾いた不思議な笛の音が…
山本周五郎 「ぶっくれ」で「ごったく」で、でも、いとおしいこの世界
佐々木栄松  カムイの輝く光を浴びて
中村星湖   釣りは性欲の変形?
立原正秋   釣りで人は救われるか?
尾崎一雄   大きいことはいいことだ?
森下雨村   ありがタイのかフクの神
池波正太郎   水郷・江戸の面影はいずこに
余は如何にして釣人となりし乎

大岡玲(著)

ISBN 978-4-939003-50-9 2012年6月10日発行
288頁/ 本体1143円

目の前にシカの鼻息 アウトドアエッセイ

目の前にシカの鼻息

「そいつはアラスカよりも、ハードだな。」
大藪賞作家・樋口明雄の初エッセイ集!

愛犬ココとの山歩き、焚火、薪割り、渓流釣り、畑を荒らすシカ、サル、イノシシとのたたかい、裏山に潜むクマ。地元とのあれこれと、守るべき愛する家族。

役者はヒト、イヌ、シカ、サル、イワナ、イノシシ、
時々クマ。

南アルプスの麓に建てたログハウスでの、泣き笑いの日々。いま注目の大藪賞作家・樋口明雄のユーモアと人間味あふれるアウトドア・エッセイ!

樋口明雄(著)

ISBN978-4-939003-44-8
四六判208頁 本体 1,714円

朝日のあたる川 赤貧にっぽん釣りの旅二万三千キロ

朝日のあたる川


29歳、家無し、職無し、彼女あり。
こんな僕にも朝日はのぼる!

上京10年、ミュージシャンの夢はかなわなかった。仕事もアパートも捨て、新しい夢─日本縦断釣りの旅へ出た。僕に残っているのは、釣りと仲間と彼女のエミ。 ─恋あり涙あり冒険あり。崖っぷち無職男の夢は覚めるのか!?

「旅に行かないで!」(エミ)
「みんな、お前の夢に乗ってるんだよ」(先輩)
「お前とうとう漁師になったんが!?」(山形のじいちゃん)

真柄慎一(著) カバーイラスト:いましろたかし

ISBN978-4-939003-41-7
新書判264頁 本体 1,143円
紀伊國屋書店「書評空間」選定図書
読売新聞・書評欄掲載 毎日新聞・書評欄掲載

新書『イワナをもっと増やしたい!
「幻の魚」を守り、育て、利用する新しい方法』

イワナをもっと増やしたい!

愛らしいイワナたちを「幻」にしないために 〝イワナ本〟の新定番!
開発や乱獲、温暖化に追われているイワナ。愛らしいイワナたちを「幻」にしないために私たちができることは、たくさんあります。その具体案と最新事例を紹介し、イワナとヒトが長くつき合っていくための新しい方法を分かりやすく提案するサイエンス・エッセイ。

いまだ謎の多いイワナの生態から渓流のゾーニング、喜ばれる釣り場づくり、話題の人工産卵場の作り方まで、渓流魚研究の若手ホープによる最前線の情報が満載。釣り人、学生、漁協、行政マンなど、渓流とイワナを愛する幅広い皆さんへお届けします。イワナ好きは必読。

重版出来!

本体1,143円

ページTOPへ▲